| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ニジイロノヒビ


好きな人も好きなものもいっぱい。
1個でも「好き」が多い方が人生ハッピーじゃない?
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    ORIGINAL COLOR
    0
      が聴けなかったのが唯一の心残り。。かな。
      でも、あの空間は見事にENDLICHERI☆ENDLICHERI色に染まっていました。

      長かった彼らの旅ももうすぐ終わりです。
      個人的には、昨日でおしまい。
      あんな近場で100回もやるから、
      予定以上にいっぱいアイに行ってしまったじゃない。

      思い返せば、大学を卒業してから今日(昨日?)までの約半年、
      彼の挑戦と共に、自分を鼓舞して闘いながら歩んできたような気がします。
      新しい環境に飛び込んで、
      悪戦苦闘しながら、何度も転びながら、
      前を向いて進むだけの日々の中で、
      彼とアイに行くということは、
      楽しみであり、癒しであり、力であったのかな、と。
      彼の歌に包まれて癒されながら、
      自分よりもっと過酷な環境で闘い続ける彼の姿に
      何度となく勇気づけられてきたんだなぁ。

      気が付けば、あたしのiPodの再生回数ランキングは
      Mr.Childrenを押さえてケリーさんの曲たちが上位を占めています。
      (曲数の問題もあるのかもしれないけど)

      昨日のライブのことを少し。

      昨日のライブは、今まで行った彼のライブの中で一番楽しいライブでした。
      会場に居た総ての人のテンションが今までで一番高かったのかも。
      追加公演が始まってから、ライブ本編中は口を閉ざしていた彼が、
      昨日はいつになく饒舌(と云っていいのかな?)だったような気がします。
      パフォーマンスも含めて。
      こっちも煽られていつになく叫んで踊って汗だくでしたよ(笑)

      この再追加公演が終わったら、
      あのTankはなくなってしまう(予定らしい)けど、
      あたしはあの場所を通るたび、
      彼とアイをしに何度もこの場所を訪れたことを思い出すんだろうなぁ。

      あたしだけじゃなく、あの場所を訪れた総ての人が。

      そう思っただけで、貴方の挑戦はとても意味があったんだと、
      貴方が心配している以上にいろんなものが刻まれたんだと、
      そう思わずには居られません。

      また、来年か、再来年か、
      彼にアイに行けることを楽しみにしています。
      それまであたしももっと頑張らなきゃなぁ。
      いつか同じ舞台に立てるように。
      |14:24| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
      スポンサーサイト
      0
        |14:24| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://rainbowdays.jugem.jp/trackback/167
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.