| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ニジイロノヒビ


好きな人も好きなものもいっぱい。
1個でも「好き」が多い方が人生ハッピーじゃない?
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    無駄な抵抗はやめようと思います。
    0
      あたし、やっぱりKinKi好きでした(笑)

      今まで、何度か39買おうかと思ってやめたけど、
      無駄な抵抗はやめて、
      今度こそ買いそうな気がします。

      最近10周年記念とか云って、よくテレビ出てるじゃん、
      更によく昔の映像流れてるじゃん。。

      10代の頃のトキメキが再び!?

      …な訳なのです(笑)

      まぁ、ケリー大好きは前々から公言してるけど、
      並んで歌ってる彼らも、やっぱりいいな、と。ね。

      「硝子の少年」とかさぁ、
      何回聞いたか分かりません。
      当時14歳。のちょっと手前。
      一番ジャニーズにのめり込む時期よね(笑)
      今思うと18歳の少年にキャーキャー言ってたのかぁ…
      若いなぁ、自分(笑)
      18歳ってさぁ、今のあっくんくらい?
      …っていうか、今のゆきおとあんま変わんないじゃんっっ!(笑)
      すごいね、KinKiって(笑)

      それにしても、10年って…
      あたしもだいぶ冷静になりましたよ。
      当時は完全に「Love is Blindness」状態。
      発売日にCD買ってないとかありえなかったもんね(笑)
      合唱以外って知ってる音楽の世界が狭かったからなのかも。
      今はだいぶ広がってきたから、
      突出して好きなアーティストはいても、
      それだけに固執することが減ってきた。

      周りに一緒に仕事してる人がいたり、
      同じ番組で歌ったりとかして、
      ミョーに近付いてきたのも固執しなくなった一因かもしれない。

      ミーハーってことだけは、いつまでたっても治らないけど(笑)

      そういえば、連続1位記録、
      あと1作でミスチルさん追いつかれるみたいですよ?
      兄さんたちは今年15周年なのに(笑)
      間違いなくペースが遅すぎるからですね。
      まぁ、どっちも好きだからどっちでもいいけど。
      |00:16| エンドリケリィ☆2 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by -
      空が泣くから
      0
        相変わらず面白いね〜ケリーさん。
        初回版と通常版で3曲目のタイトル違うんだけど、
        どう違うんだろう?
        よくわからんし、今回は曲数変わんないから
        とりあえず初回版にしてみた(笑)
        ManとWomanでサブタイトルは一緒だから
        歌詞違いなのかなぁ?と思ったらそうでもないみたいね。
        Sankakuの色違いとかどうでもいいから
        曲の情報欲しいんですけど(^-^;)
        なんでケリーのコミュ、Sankakuの色の話題だけ盛り上がってるんだろ?
        「へ〜、いろんな色あるんだ〜」くらいにしか
        思ってないあたしが変わってるのか?
        まぁ、どっちでもいいけど(笑)
        とりあえず、通常版買った人感想教えて〜☆
        面白そうならレンタルか中古で買うので(笑)

        それにしても彼、どんどんぶっ飛んできてるよねぇ。
        そこが面白くていいんだけど。
        「空が泣くから」も「Woman〜」も歌に自信なかったら歌えないかもね。

        いつかどっかで「The Rainbow Star」をやりたいなぁと
        密かに思っている今日この頃。
        でもその時あたしは絶対コーラスがいいです(笑)
        ってことで、楽譜持ってる人、発見した人は瞳まで!(笑)
        |00:03| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(18) | posted by -
        ORIGINAL COLOR
        0
          が聴けなかったのが唯一の心残り。。かな。
          でも、あの空間は見事にENDLICHERI☆ENDLICHERI色に染まっていました。

          長かった彼らの旅ももうすぐ終わりです。
          個人的には、昨日でおしまい。
          あんな近場で100回もやるから、
          予定以上にいっぱいアイに行ってしまったじゃない。

          思い返せば、大学を卒業してから今日(昨日?)までの約半年、
          彼の挑戦と共に、自分を鼓舞して闘いながら歩んできたような気がします。
          新しい環境に飛び込んで、
          悪戦苦闘しながら、何度も転びながら、
          前を向いて進むだけの日々の中で、
          彼とアイに行くということは、
          楽しみであり、癒しであり、力であったのかな、と。
          彼の歌に包まれて癒されながら、
          自分よりもっと過酷な環境で闘い続ける彼の姿に
          何度となく勇気づけられてきたんだなぁ。

          気が付けば、あたしのiPodの再生回数ランキングは
          Mr.Childrenを押さえてケリーさんの曲たちが上位を占めています。
          (曲数の問題もあるのかもしれないけど)

          昨日のライブのことを少し。

          昨日のライブは、今まで行った彼のライブの中で一番楽しいライブでした。
          会場に居た総ての人のテンションが今までで一番高かったのかも。
          追加公演が始まってから、ライブ本編中は口を閉ざしていた彼が、
          昨日はいつになく饒舌(と云っていいのかな?)だったような気がします。
          パフォーマンスも含めて。
          こっちも煽られていつになく叫んで踊って汗だくでしたよ(笑)

          この再追加公演が終わったら、
          あのTankはなくなってしまう(予定らしい)けど、
          あたしはあの場所を通るたび、
          彼とアイをしに何度もこの場所を訪れたことを思い出すんだろうなぁ。

          あたしだけじゃなく、あの場所を訪れた総ての人が。

          そう思っただけで、貴方の挑戦はとても意味があったんだと、
          貴方が心配している以上にいろんなものが刻まれたんだと、
          そう思わずには居られません。

          また、来年か、再来年か、
          彼にアイに行けることを楽しみにしています。
          それまであたしももっと頑張らなきゃなぁ。
          いつか同じ舞台に立てるように。
          |14:24| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
          偶然は総て必然で出来ている
          0
            20061006_168877.jpg
            と思う。
            昨日ケリーも同じようなことを云ってたけど、
            あたしもずっとそう思ってた。

            だから、

            昨日あたしたちがあの場所に居たのも、
            ヤツが目の前で意味ありげに微笑んだのも、
            総ては必然だったんだよ。

            なんてね〜

            半分は冗談(笑)
            これ以上考えると禅問答に突入しそうだから、
            この話はもうおしまい(笑)

            さて!

            昨日は5回目のケリーライブでした(笑)
            第三弾は初参戦だけどね。
            すっげー近かった!!
            ケリーの顔よりギター弾く指に見とれるくらい
            (↑マニアック。笑)
            やっぱりあの人はギター抱いて歌ってる時が
            一番格好いいよ☆☆

            更にりんさん&CHAKAさんカッコ良すぎ!(T_T)
            惚れました!(笑)
            あの2ショットのコーラス対決見れただけで
            昨日行った甲斐があるってもんよ(笑)
            先生もステキだったし♪

            周りの皆さん、テンション上がるポイントが
            違いすぎてごめんなさい(笑)

            曲もアレンジも演出もまた変わってたけど、
            中でも特に良かったのが
            「街」「PINK」「Saturday」の3曲!!
            というか堂本剛名義の曲が聞けて良かった!
            生で聞かなきゃダメだね〜。
            迫力が全然違うもん!

            特に「街」がすごく良かった!
            あたしが思ってたよりももっともっと良い曲だった。
            アレンジが少し軽くなってたから、余計言葉が響いてきたのよね。
            泣いた〜〜
            今じゃCDでも泣けるよ(ノ_・。)
            最初「またミスチルみたいな曲作って〜」って思ってごめんなさい(笑)

            「Saturday」はENDLICHERI☆ENDLICHERIの編成がよく似合うね♪
            期待通り☆いや、それ以上☆☆
            ホーン隊の音が最高に気持ちいい♪

            謎の新曲も良かったなぁ。
            MCは反則だけどね〜。
            でもね、浮き沈みがあるからこそ
            人間成長していくんだろうね。
            総てがその人を形作るから。

            ほらね。
            やっぱり総ての偶然は必然で出来てるんだよ☆

            *プリ勝手にアップしてごみん。
            一応(?)顔は隠してみた(笑)
            |20:49| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(2) | posted by -
            ☆Don't Dream,Just be it.☆
            0
              20060721_118139.jpg


              タイトルあきちゃんとかぶってるけど、しょうがないよね。
              これは昨日からうちらの合い言葉だもん☆

              ってことで、行ってきました、4度目のケリーパーティー☆(爆)
              でも写真は、パーティー前に「あきちゃんについて行こうの会」
              (別名:「瞳と一緒に迷おうの会」笑)の際、中目で出会った
              素敵☆おにーさんのお店で(あきちゃんが)貰った
              瞳の分身1号☆2号(違うと思う。笑)

              で、ケリーのパーティー!
              内容・構成だいぶ変わってたね!!
              相変わらず視線の先にあるのはスタッフさんと
              バンドメンバーだったりするのですが(笑)

              いやぁ・・・楽しかった!凄かった!癒された!!
              いつも思うんだけど、ケリーさんのライブ行くと、
              私の中の良からぬものが全部放出されて、
              体の中が浄化されるような気がするんだよね。
              それぐらい凄いパワーなんですよ!!
              歌って踊って笑って泣いて・・・

              今回は前回にも増してケリーの世界が濃くなってて、
              ロック・ミュージカルならぬファンク・ミュージカルのような感じがした。
              完全にショー。
              エンドロールまであるし。
              このパーティーに関わるスタッフ一人一人に対するケリーの愛を感じたよ。

              水中のような映像、その中を泳ぐ古代魚、
              画面の中を流れるメッセージ。
              なんとなく「REGRESS OR PROGRESS」を思い出した。

              ケリーの歌、どんどん良くなってるなぁ。
              上手いとかそう云う問題じゃなくて、くるの。
              ガツンと刺さるの。
              もう反則なの。
              泣いちゃうって。

              また最後の△が泣かせるんだよ。
              最後まで上から目線のくせに(笑)
              今の時代、溢れかえるくらいいろんなモノがあるのに、
              本当に必要なもの=愛が足りてないんだよね。
              じゃなかったら今世間を賑わせてる事件は起こらなかったはず。

              小林氏は云う。
              愛が足りてないのよ
              愛が不足しています
              愛を充たしてください
              (My Little Lover「Topics」)

              と。

              櫻井氏は云う。
              子供らを被害者に 加害者にもせずに
              この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
              でももしも被害者に 加害者になったとき
              かろうじて出来ることは
              相変わらず 性懲りもなく
              愛すこと以外にない
              (Mr.Children「タガタメ」)

              と。

              一番簡単なこと。一番難しいこと。

              Sankaku〜!あたしも愛してるぞ〜!!
              まずは身近な人、モノを愛することからやってみようよ。

              そして、Don't Dream,Just be it.
              光を掴んでやる。
              あたしだけの色で光ってみせる。
              まだまだこれから。

              ケリーさんから貰ったメッセージを胸に、
              今日からまた頑張ってみようと思います。

              きっと キスしてみせる
              大丈夫
              キスしてみせる
              (ENDLICHERI☆ENDLICHERI)
              |14:44| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
              虹色の箒星
              0
                「The Rainbow Star」ゲット〜!!
                SANKAKUのシールがキモい〜!!(笑)
                いつの間にか足生えてるよ、この子。
                足よりにょろにょろしてる方がキモいけど(笑)
                間違いなく「何じゃこりゃ」を狙ってるよねぇ。
                喋ってるSANKAKUはかわいいんだけどなぁ。

                いやぁ〜・・・りんさん最高!CHAKAさん最高!みんな最高!!
                「The Rainbow Star」はライブでもテレビでも早々から聴いてて、
                その時から面白いと思ってたんだけど、他の曲も相当面白い!!
                特に「あなたが何処で今宵誰の腕の強さ想うか」遊び過ぎ!!
                めっちゃ面白い。音弄り過ぎだし。
                頭のCHAKAさんのボーカルからして遊んでるもんねぇ。
                もう・・・CHAKAさんも大好きですw
                タイトルからして切ない曲を想像してたんだけど、見事裏切られました。
                でも詩は、Happyとか云ってる割にちょっと切ないよね。
                音自体もサビはめっちゃアッパーでハッピーな感じなのに、
                AメロBメロは凄く危うい。
                そのアンバランスさがね、最高な訳ですよ☆
                これ、通常版だけで初回版に入ってないなんてもったいなさ過ぎる!!

                「いきてゆくことが」は・・・なんて色っぽいの?
                この振り幅も狙ってるんだろうなぁ。
                1曲目でガンガンSOUL FUNKやっといて、
                2曲目のこれで真逆とも云える側面を見せてしまう。
                更に3曲目は色んな意味で遊びすぎ(笑)
                この曲も相当遊んでるけど。
                Bメロで突然リズムパターン変わるし、
                それが2番で更に変わり、また戻ると云う。。
                ミュージシャンの皆様は大変だろうなぁ(笑)
                フルートの旋律が素敵☆
                ちなみに、この曲のパーカッションがラムジーさんだった〜♪
                佐藤さんが林檎ちゃんやハウルの曲で弾いてたときも思ったけど、
                会った事がある人がこうやって大好きなアーティストの曲で演奏してるって
                なんか凄い不思議な感じ。
                あたしも早くそうなりたい!!

                まだミスチルの方の歌詞を確認してないからあくまで仮定だけど、
                「The Rainbow Star」と「箒星」のメッセージは
                何処かで重なってるような気がする。
                「曲者なら見えるさ牡羊座の傍 浮かぶ」「人の形した光」
                ほら繋がった☆(笑)
                そんな事をね、見開きでケリーとミスチルが並んでる雑誌を
                立ち読みしながら思ったのですよ。

                更にあたしの中で「虹」はキーポイントになってるなぁ、と。
                このサイトも「ニジイロノオト」じゃない?
                図らずしもミスチルとケリーの共演(笑)
                (前者は図ったけど。笑)
                今日は「虹の会」の定演見に行って
                「小さな空」と「死んだ男の残したものは」に大感激だったし。
                ず〜っと一緒に口ずさんでたから、
                周りの人に危ない人かと思われてたかもしれない(笑)
                あたしの中で合唱やコーラス、そして音楽は虹を作る事。
                そう思ってつけたのが「ニジイロノオト」なの。

                7つの色を1つの色にすることはできないけど、
                7つの色を1つの虹にすることはできるでしょう?
                それが「音楽」ってヤツじゃない?

                ってね☆

                あたしも虹色の箒星になるぞっ!!!
                |01:00| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                参りました。。
                0
                  よくあのステージにあれだけ人乗ったね(笑)
                  HEY!3のケリーさん、ホントにみんな連れてきちゃってたねぇ。
                  コーラス隊にりんさん、
                  パーカッションにラムジーさんが居なかったのは残念だけど、
                  それにしてもあの編成はやっぱり豪華!!
                  今度の追加公演の為に、
                  夏フェス蹴ったミュージシャンの方も結構居るらしいよ☆
                  確かにねぇ、あれはあたしでもケリーを取るわ(爆)
                  ああいう編成のバンドで歌いたいのよ!!
                  あれのコーラス隊に入りたいの!!
                  面白くねぇ訳がねぇっ☆

                  夏フェスといえば・・・
                  結局ap fes行こうと思えば行けた・・・(T_T)
                  分かってたら一般発売頑張ったのに。
                  後3日早く云ってくれっ!!と云いたい(爆)
                  どうしようかなぁ。。後はオークションで落とすしかない?
                  行けるんだったら行きたいなぁ。
                  この際、ちょっとぐらい高くても良い気がしてきた。
                  ap fesは自分へのご褒美のつもりで、ずっとお金も貯めてた訳だし。
                  う〜ん・・・何か良い策はないものか。

                  と、チケットのないap fesのことばかり考えてると
                  落ち込みそうなので、ケリーに戻します(笑)

                  今日初めて歌詞見ながら曲聴いたけど、
                  やっぱりどんどん強くなってるよね。
                  言葉の選び方とか、歌い方、発音の仕方、勿論サウンドまで。
                  トークにしても今までと雰囲気が全然違うような気がするのは
                  気のせいだろうか?
                  彼にとってE☆Eのプロジェクトと46回のライブは
                  それだけ大きな意味を持ったものだったのでしょう。

                  めっちゃ可愛くってめっちゃ大人っぽくて強くて格好良くて艶っぽい。
                  まさにエンドリケリー・エンドリケリー。

                  独りの情熱は頑丈なバッファローの群れをも砕いてしまうそうよ。
                  そんな強さを手に入れたのかしら?
                  そう思いながら、極彩色の裏の脆さをも感じてしまう。

                  あなたはいったいいくつの羽を持っているのですか?
                  |01:08| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                  沢山の羽を持つ魚
                  0
                    ケリーのドキュメントを見た。
                    彼の凄さを改めて思い知った。

                    憧れと羨望と少しの嫉妬。

                    まだまだ学ぶべきことも学ぶべきところもいっぱいある。
                    あたしはまだまだだなぁ。

                    彼は自分のことを臆病者なんて云ってるけど、
                    ENDLICHERI☆ENDLICHERIとして
                    音楽に芸術に立ち向かってる姿を見ると、
                    あたしには到底敵わないなぁって思う。
                    弱さも醜さも儚さも脆さも総てわかってるからこそ
                    あんな風に凛として立っていられるのかなぁ?
                    あたしもしっかり立てているのかなぁ?

                    エッセイを読んだせいもあるのかもしれない。
                    彼の音楽に潜む痛々しい毒々しいサウンドが
                    今の自分とリンクする気がして、
                    気が付くとこのアルバムを聴きながら当てもない考え事をしていたりする。
                    そんな時ふと聞こえる「大丈夫」という言葉にいつも救われるんだ。
                    たくさんの自分の弱さと世界の醜さに対峙して闘って来た彼が云うから、
                    心の奥の一番あったかいところまで響いて涙を誘う。
                    彼と愛し合った3回のパーティーでも、毎回泣いてた。
                    マスカラが流れてパンダになるのも気にせずに。
                    3回目は流石に学習して強力なウォータープルーフで行ったけど(笑)

                    あたしは常に表現者でありたいと思う。
                    でも、創造者にはなれないとも思う。
                    自分が心から敬愛する音楽家・芸術家の輪の中で、
                    自分が表現することで新たな化学反応を起こすことが出来れば、
                    それが本望だ。

                    あたしにとっての最後のパーティーが終わって、会場を出る時心に誓った。
                    次ここに来るときは、表現者として立っているということを。
                    ステージの上からWater Tankを眺めたい。
                    その為に今出来ることをひとつずつ。ひとつずつ。

                    4年後、27歳になるあたしは、
                    何を考え、何を歌い、何を表現してるんだろう?
                    その時の自分が、どうか胸を張って、凛として立っていますように。

                    明日晴れたら、散歩にでも行こう。


                    「ニジイロノオト〜notes of rainbow〜」というサイトにて
                    アカペラとボイトレの個人教室を開講中。
                    http://www.dewa.or.jp/suzu-jag/notes-of-rainbow/
                    |02:31| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                    Last Party☆
                    0
                      またまた行ってきました!!Water Tank!
                      3回目ですけど何か問題でも?(笑)
                      同じアーティストの同じツアーに3回も行ったのは初めてです。
                      でも3回とも同行したA嬢によると、Sファン的には普通らしい。。
                      初日、中日、最終日。。。
                      だってMはチケット1枚取るのも一苦労だもん。。

                      ってことで、今日も話題はケリーです(笑)

                      何やら色々あったらしいけど、今日のパーティーは終始和やか。
                      先生の壊れ具合が最高ですよ、ホントに。
                      進も剛も逮捕しちゃうぞっラブてね(笑)

                      ・・・そんな事を書きたいんじゃなくてね(笑)
                      今日の席は1番後ろのど真ん中。
                      つまり、PA・照明さんのど真ん前。
                      開演前の元演劇部&放送部は
                      明らかに見ている方向が180度違ってました(笑)
                      仕様がないよね。ついチェックしちゃうよね。
                      どっから照明当ててるかとか、どんな色使ってるかとか、
                      何処にスピーカーあるかとか。。
                      ケリーを見に来たんですけど、何か問題でも?(笑)

                      一番後ろのど真ん中ってことで、
                      今日はあたしたちのラストパーティーにふさわしく、
                      会場全体を見渡すには最高のポジション。
                      3回目にしてやっと演出の全体像が見えた感じです。
                      1回目はケリーしか見えてなくって、2回目は真横じゃ仕様がない。
                      基本的な印象が変わったりはなかったんだけど、
                      後ろのど真ん中だからこそ味わえる不思議な感覚に陥ったりもしました。

                      それは「美しく在る為に」に入った時のこと。
                      (まだツアー中だから先に断ります。以下若干ネタバレしてます。)
                      この曲の照明はケリーの真後ろからの目つぶし
                      (しかも光の線が何本もあって回るやつ)なんですよ。
                      真横で見てた時はわかんなかったんだけど、
                      その光が指す、回る中心にケリーが立ってる訳。
                      逆光だからケリーは完全に影になってるんだけど、
                      それが後光を浴びながら森の中を歩いている
                      ケリーのように見えてくるのです。
                      更に光は強い。回る。
                      あたし、本気でトんじゃうかと思いました(爆)
                      トリップしかかった!!(爆)
                      多分目がくらんで、更に目が回っちゃったのでしょう。
                      あの曲は音も歪んでるからね。
                      フラフラするし、過呼吸気味(^-^;)
                      一瞬本気でヤバいかなって思ったけど、それはそれで楽しかったです。
                      あの場所だから体験できるトリップ(爆)
                      いやぁ、面白かった!!(笑)

                      それから今日は噂のどファンクな新曲「The Rainbow Star」も聞けました!
                      これを聞く為に3回も行ったのぉ!!
                      感想は・・・最高ラブラブ
                      あれくらいぐわんぐわんいってるのが好きなんです(爆)
                      あの音の渦に飲み込まれるのが気持ち良い!!

                      はぁ〜、あのバンドの音の海で泳ぐのも、
                      ケリーと愛し合うのも今日でおしまいかぁ。。
                      きっちり2週間に1回、計3回ケリーに会いに行ってきましたが、
                      残念ながら5月のチケットは取れず。。
                      次にツアーがある時は、客じゃなくてあの場所に行きたい!!
                      それがあたしの今の希望です。
                      その為にまずは来週。頑張ってきます!!


                      「ニジイロノオト〜notes of rainbow〜」というサイトにて
                      アカペラとボイトレの個人教室を開講中。
                      http://www.dewa.or.jp/suzu-jag/notes-of-rainbow/
                      |02:50| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                      Blue Berry 喰らう Thursday
                      0
                        本日、2週間振り2度目の逢瀬で御座居ます。
                        何方との逢瀬ですって?
                        決まっているじゃ有りませんか。
                        そう、ENDLICHERI☆ENDLICHERIという音楽です。
                        それからA嬢とも2週間振りの逢瀬で御座居ました(笑)

                        また愛し合って来ちゃったラブケリーと(爆)
                        この恋愛はクセになっちゃうんだよ。
                        ケリーの音楽に抱きしめられて、濃厚なキス交わしちゃったら、
                        何度も足を運ばずには居られないのです。

                        なんて・・・本日のケリーの言葉を引用してみました。
                        なんか恥ずかしい(笑)

                        実際このライブはホントクセになりそうです。
                        毎日違うとは聞いてたけど、やっぱり前回と全然違う!!
                        何がって、ケリーのテンションとりん子さん!!
                        りん子さん、素敵過ぎです!マジかっこいいです!!
                        弟子にして下さいっっ!!!!!(かなり本気)
                        前回はりん子さんいなくてがっかりしてたのよ。
                        そして今日、ついに4年半?5年半?振りの生りん子さん!!
                        (前に見たときはドリカムのライブで山形にいらしてました)
                        ごめんなさい!「Blue Berry」の時見蕩れてたのは、
                        ケリーさんじゃなくてりん子さんです!!(マジです)
                        先生とりん子さんのセッション(対決?)最高だったわぁ。
                        あたしもりん子さんみたいに、
                        パワフルでソウルフルでファンキーなヴォーカリストになりたいです。

                        でねっ、今日は凄くハッピーな事があったの!!
                        本当なら、今日はチケットが取れただけラッキーってな感じで、
                        文字通り一番後ろの席で、双眼鏡越しにケリーを見るはずだったのです。
                        (後ろって云っても会場狭いから、
                         ミスチルのライブに比べたら相当近いんだけど)
                        「はぁ、やっぱり一番後ろかぁ」と思って会場入りしたその時!

                        席が無いっ!!!?びっくり

                        これは何っ!?もしや偽造チケットっ!?
                        と思いきや、演出の為、後ろ2列はつぶしてしまったらしいのです。
                        そしてその代わりに、なんと!
                        Aブロック並みに良い席で見る事が出来ました!!
                        ケリーが近い!!表情がはっきり見える!!
                        一人大はしゃぎですよ(笑)
                        こんなに近くでライブ見たのは、
                        Zepp Sendaiで見たRAG FAIR以来です(笑)
                        あきちゃん!人生頑張ってれば良い事有るんだねっ!!!

                        これを糧に、明日からも元気いっぱい生きていこうと思います。
                        そして、5月もまたケリーと愛し合ってキスしに行きたいですラブ
                        ミスチルのライブですら、同じツアー2回云った事ないのに(^-^;)
                        どうやら、あたしが本当にやりたい音楽を突き詰めると、
                        ケリーさんに辿り着くようです。
                        そんな気が凄くします。
                        勿論ミスチルも大好きよ☆
                        ただ、ロックでもポップスでもジャズでもパンクでもなくて、
                        ソウル・ファンクみたい。
                        どファンクなケリーの新曲、めちゃ楽しみ♪♪


                        「ニジイロノオト〜notes of rainbow〜」というサイトにて
                        アカペラとボイトレの個人教室を開講中。
                        http://www.dewa.or.jp/suzu-jag/notes-of-rainbow/
                        |02:27| エンドリケリィ☆2 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by -
                        | 1/2 | >>
                        LATEST ENTRY
                        ARCHIVE

                        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.